参議院議員 中西祐介 公式ホームページ

事務所の地図はこちらです
  • 東京事務所 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館622号室
  • 03-6550-0622
  • 徳島事務所 〒770-8056 徳島県徳島市問屋町31
  • 088-655-8852

活動報告

2011年12月の活動報告

明日は、勉強会、対話、鼎談、居酒屋対談、サミット!

今日まで4日間、都内の企業の皆さまにご挨拶と、普段なかなか出来ない意見交換をさせて頂きました。
トップ自動車メーカー、放送通信、運輸、電力会社、銀行・証券、生損保、会計会社、出版社、外国大使館、はたまた地元四国・徳島ゆかりの企業東京支社。
あるいは業界団体や、中小零細企業など、銀行員時代からのお付き合いを頂いている先など、具体名を挙げて話の中身までぜひシェアしたいほどの学びを得ました。
また、各幹部の皆さまが対応頂けるのも、学びを深め、またそもそも、師走の折、ありがたさ一杯です。

「政治家は、バランス」が必要だと、常に思います。
そのバランスとは、得る情報のバランスだと思うのです。
人間の思考は、経験したもの、感じたもので構成されるのであり、自ら瞬時の正しい判断、政策決断、時代認識、大局観を養うのは、普段の絶え間ない自己研鑽はもちろんのこと、情報の採り方が非常に重要だと痛感した期間でもありました。
情報の採り方が重要であるということは、スケジュールの組み方が極めて重要だということ。
何を優先して、何を重視するのか。
事務所スタッフともつくづくよくすり合わせも必要です。


『日本に活力を!』
これが皆さんの最大の願いであり、停滞する政治に期待する唯一のテーマとも言えるかもしれません。
2011年は年間289日国会開会という史上まれな一年でもありました。
だからこそ、この4日間の訪問は、非常に刺激にもなったし、同時に改めての使命も頂きました。
常に信じ活動している方向に間違いはない、との確信を得て、明日夕には徳島に帰ります。


明日は、非常に楽しみなスケジュールを我が事務所は組んでくれました^^
0800 先輩議員の朝食勉強会
1000 イベントで東京出店企業への挨拶まわり
1100 慶應大学の学生さんとの意見交換会・昼食会
1300 フジサンケイビジネスアイ新春号(2012.1.3)鼎談取材
(徳島へ移動)
1930 居酒屋政経塾@徳島 11名の学生+日経新聞記者取材
2130 四国サミット徳島忘年会


国会議員なって以来、一日に会う人の平均年齢が最も若い一日になりそうです^^
活動報告 | 2011年12月15日 21:26    

日本史の節目の年末

今日は終日都内の企業団体の皆さまにご挨拶。
先日のセミナー開催の御礼と、国会議員1年目での活動のご報告や来年の見通しなどを中心にご意見交換させて頂きました。
皆さんに共通して挙げて頂くことがあります。

「来年こそは政権奪還を」
「自民党の変わった姿をもっと見せなければいけない」
「委員会では堂々と政策論争を」

都内、徳島とエリアは違えど、皆さまの思いは共通しておられます。
私は、ご期待にお応えすることはもちろんだけれども、
日本の難局を乗り越えるためにも、
これからの日本を担う中堅若手のリーダーをつくり、
また、その担い手にならねばと思うのです。

「若い世代に覇気をもってもらいたい」、
「その旗頭になってもらいたい」
という切実なお言葉もありました。

就職難といいながら、募集をかけてもやる気のある応募が少ない。
着任しても、意欲向上が見られない、等々のお話。
働いても働かなくても、結果は同じ。

つまり、賃金と生活保護という結果が同じならば、働く意欲がそもそも生まれない。


そして私は、世代間の格差でも若年世代だけの課題ではないと思います。

国家としての存亡が危うくなるのは、外的環境変化よりも、
精神の荒廃が要因であることは、世界の歴史が証明している。

ともかく今は、我々若い世代で課題を共有して、ぞれぞれが一灯を掲げる挑戦心と自立の心ある仲間を増やさねばいけない。

2012年は、日本史の中でも節目の年になるだろう。
戦後サンフランシスコ講和条約が1952年に締結されて、国際法上日本が独立した年から60年:還暦だ。
加えて、“戦後”という括りを超えて、“震災後”の元年でもある。

日本の将来50年、100年の発展を左右する大きな年。
我々が発展する上昇カーブに、改めてトレンドを変えることのできる期限が差し迫っていると、何となく直感する昨今である。

与党が重要法案をおいて、あっさりと会期を閉じた臨時国会。
年末年始、忘年会、新年会、はたまた戸別訪問や様々の機会で、
世代を超えて多くの皆さまと意見を交わしたい。
活動報告 | 2011年12月12日 18:38    

鳴門支部忘年会

自民党鳴門支部の忘年会にお招き頂きました。
川端支部長、山本様はじめ多くの幹部の皆さまの地を歩くご努力で、こうした会を開催頂けたことに心から感謝しています。

心に残ったのは、山本様の言葉。
“自民党がいいかどうか判断するのは、国会議員の言葉を聞け。
聞く機会を作るのが我々の役割。
これまでそれがなかったから、鳴門は不十分だった。”

我が党は、支部拡大方針で人数を追い求めてきた側面は否めないが、
こういう真摯な思いでお支え頂いていることに素直に敬意を表したい。
かつ、こうした思いを持って下さる皆さまに応えるためにも、何としても政権奪還を超えて、日本のために仕事をしたいと思った、師走の夜でした。

皆さま金曜の夜お忙しい中、本当に有難うございました^^
徳島・高知を翔ける | 2011年12月10日 21:57    

「日本の国益を考えるセミナー」 メディア記事

先日のセミナーについて、徳島新聞に記事が掲載されました。
ご来場の皆さま、重ねて御礼申し上げます。

中西祐介事務所staff

ユースケ メディアニュース | 2011年12月09日 11:12    

ユースケ議員日程

いよいよ本臨時国会も最終盤。
タイトなスケジュールで活動させて頂いております。

昨日6日夜
盛和塾徳島の忘年会にオブザーバーさせて頂きました。
21:10徳島駅発→新神戸

7日朝06:09新神戸発→東京
09:25 参議院国会対策委員会
09:45 参議院議員総会
10:00 本会議(2H)
12:00 議員総会~ご挨拶まわり
12:50 決算委員会(2H)NHK TV中継
15:10 都内企業ご挨拶
16:00 さわらび会(石破茂勉強会)発足会
18:30 山口俊一先生「翔の会」司会

議員、まだまだ元気のようです^^
タフです。。


中西祐介事務所staff
国会活動 | 2011年12月07日 17:34    

前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ

youtube facebook twitter ustream マニフェスト 松下政経塾 ブログ ユースケの志 ユースケを知る ユースケの歩み ユースケを語る 自由民主党
-->