参議院議員 中西祐介 公式ホームページ

事務所の地図はこちらです
  • 東京事務所 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館622号室
  • 03-6550-0622
  • 徳島事務所 〒770-8056 徳島県徳島市問屋町31
  • 088-655-8852

活動報告

2013年5月の活動報告

【ネット動画】2013/5/30内閣委員会質疑

平成25年5月30日の参院内閣委員会質疑の様子が、
動画でアップされました。

2013/5/30内閣委員会質疑動画


内容は、『PFI推進法』

1.本法律案の必要性についての認識
2.PFIを推進するための、法環境整備について
3.民間事業者のPFI事業参入促進策
4.民間インフラファンド育成のための具体的な方策
5.資金調達に関して 
6.支援基準の内容
7.専門家の派遣及び助言
8.PFI事業の参入促進




中西祐介事務所staff

【ネット動画】中西チャンネル | 2013年05月31日 14:47    

マレーシア国会議員 来訪

平成25年5月31日


本日、マレーシアの若手国会議員、
Gwo-Burne Loh氏より表敬訪問受けました。
親族で木材関連企業も経営する氏とは、
国を超えて同世代との交流を、
今後も進めて参りたいと思います。

Gwo-Burne Loh氏は、来週は徳島に来県予定とのことでした。




中西祐介事務所Staff

国会活動 | 2013年05月31日 14:05    

第1回外交政策ビジョン研究会

平成25年5月30日(木)

本日、自民党本部にて、第1回外交政策ビジョン研究会が行われ、
出席しました。

中西祐介は、外交政策ビジョン研究会の主要メンバーということで、開会のご挨拶をいたしました。

第1回目の研究会では、
トルコ共和国大使館
アルプ・アタクジャン参事官
ボアチ・ウリケル専門官より、

トルコの歴史、政治、外交政策、日本との友好関係について、
ご講演賜りました。

シリアや中東、北アフリカや中央アジアなど、不安定要素の多い地域にあって、日系企業の進出も多い同国の考察を、さらに進め、近く訪トルコを検討します。



中西祐介事務所Staff

国会活動 | 2013年05月30日 16:01    

2013/05/30 参院内閣委員会 質疑

平成25年5月30日


参院内閣委員会にてPFI推進法の質疑の様子をUPさせて頂きます。



中西祐介事務所Staff


国会活動 | 2013年05月30日 12:29    

明日5/30 参院内閣委員会 PFI推進法案 質疑

平成25年5月30日、明日参院内閣委員会にて、PFI推進法案について自民党を代表して、中西が質疑に立ちます。(質疑項目は以下、ご参照。)

参院内閣委員会
5月30日11:00~
インターネット審議中継は、こちら


<主な質疑項目>
1.本法律案の必要性についての認識
平成11年PFI法施行以降の事業案件の推移を踏まえて、この官民連携インフラファンドである株式会社民間資金等活用事業推進機構(機構)を設立する必要性

2.PFIを推進するための、法環境整備について
PFI参入の促進を考えると、水道法や空港法、道路整備に関する法律など、様々な既存関連法による規制見直しも併せて行うことが必要である。

3.民間事業者のPFI事業参入促進策
民間提案制度は実際どれくらい活用されているか。
民間提案制度が活発になされるように何か工夫はあるか。
手続の簡素化や、民間事業者にPFIのノウハウが蓄積、活用するように対策するべき。

4.民間インフラファンド育成のための具体的な方策
今回の改正 第56条「機構は、特定選定事業の実施状況、特定選定事業に係る資金の調達状況その他の特定選定事業を取り巻く状況を考慮しつつ、平成40年3月31日までに、保有する全ての株式等及び債権の譲渡その他の処分を行うように努めなければならない。」との規定。
つまり、機構は平成40年度をもって、その役割を終了し、民間のインフラファンドが設立されると想定していると認識しているが、大規模PTなら工期だけでも5年要するのはざら。現在から15年後、機構がその業務を終了し、民間インフラファンドで運営していける環境整備は実現可能なのか。

5.資金調達に関して 
 リスクマネーの調達を、どこから、いかに果たすか、課題。
 実際、100億円に加え、政府保証枠を3000億円設定するが、根本的には民間投資家をいかに育てるか、重要な課題であると認識。
 国内の投資環境を考えると、スキーム図にある「個人投資家」や「民間事業者」は実際問題、限定的なのではとの思いはぬぐえず、銀行や証券会社等のプロジェクトファイナンスをいかに育てるか、というテーマになる。
 民間投資を促進する上でも、金融機関が多様なプロジェクト・ファイナンスを行えるようにするなど、資金調達の環境整備が必要と考える。

6.支援基準の内容
 今回の改正により、第53条に、「内閣総理大臣は、機構がPFIを行おうとする民間事業者とその事業者への支援の内容を決定するに当たって従うべき支援基準を作成すること」とあるが、この支援基準には、具体的な事項の確認。

7.専門家の派遣及び助言
 今回の改正により、第52条に、「機構の業務として民間事業者に対する出資・融資だけでなく、民間事業者に対する専門家の派遣及び助言」が盛り込まれたが、専門家というのは、どのような人を想定するのか。

8.PFI事業の参入促進
 地方自治体がPFI方式を選ぶようなインセンティブを付与するような、財政、税制を含めた制度上の工夫を行うべきと考えるが、いかがか。



中西祐介事務所staff

国会活動 | 2013年05月29日 15:36    

前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ

youtube facebook twitter ustream マニフェスト 松下政経塾 ブログ ユースケの志 ユースケを知る ユースケの歩み ユースケを語る 自由民主党
-->