参議院議員 中西祐介 公式ホームページ

事務所の地図はこちらです
  • 東京事務所 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館622号室
  • 03-6550-0622
  • 徳島事務所 〒770-8056 徳島県徳島市問屋町31
  • 088-655-8852

活動報告

国会活動

徳島県南高速道路網早期整備の要望活動

平成30年7月17日

麻生太郎財務大臣、菅義偉官房長官、二階幹事長、竹下総務会長あて、徳島市から海部郡宍喰、また高知県東洋町野根までの高規格道の整備促進を加速度的に図って参ります。

徳島県知事、県議会、沿線自治体市町長が一致結束、上京下さいました。

国会活動 | 2018年07月18日 13:37    

国政報告朝食会

平成30年7月11日

過日早朝、定例の国政報告朝食会を開催させて頂きました。

徳島・高知・東京と、機会ある度にミニ集会はじめ規模の大小を問わず、皆様との対話の場を持たせて頂くように心掛けています。

スピードを増して激変する国内外の情勢下、我々は国政の任にあたる以上、日本の進路を明確に、またポリシーを持って指し示さねばなりません。

今回は党政調副会長として、参院の仲間と共に取りまとめた、『外交/内政国家ビジョン』(全100ページ余り)について、外交北朝鮮問題事務局を承った私なりの解説を多分にお伝えしながら(!)、お話致しました。

政治家にとって常に研磨が必要な"言葉"を絶えず磨き続け、国民の皆様の付託に常に応えて参るべく、日々研鑽努力を積んで参ります。

皆様の元へ、いつでも参ります。事務所まで御希望お寄せください。



国会活動 | 2018年07月18日 12:56    

安芸市議会の皆様の重要要望

平成30年7月11日

委員会審議の合間、先日の豪雨災害で大変な被害を被った安芸市の議会の皆様の重要要望を、中谷元代議士を先頭にタイムリーに国交省に要望致しました。

安芸阿南高規格道路の完全開通は、"命の道"である災害対策はもちろんの事、農業、野球地域活性化、観光戦略等様々な波及効果を生む、「攻めと守りの要」です。



国会活動 | 2018年07月18日 12:51    

公選法改正案、参院通過

平成30年7月11日

様々な論評はありますが我々はあくまで、

①地方6団体(全国知事会、都道府県議長会、全国市長会、全国市議会議長会、全国町村会、全国町村議長会)の全国大会全てにおいての特別決議(=合区解消すべし、少なくとも都道府県毎に参院議員を出せるようすべき旨の要請)を賜ったこと。また同時に、

②現行憲法下の中では、最高裁判決において格差是正の更なる努力の要請が参議院側にある。さらには、

③民主主義を取る我が国ではあるが、数の上で大多数の民意はなくとも、なるべく少数意見者や多様な意見を反映しその代表たる人材を確保出来るよう参院を保つ、

という、少なくとも3つの高次の課題に、実直に丁寧に、結果として前進させたいという真摯な思いで今、発議者としての審議に臨んでおります。

これからも日本がこの日本列島に存在するという事実において、今般の西日本豪雨災害はじめ、未来に渡って地域大小様々な災害も起こり得る事も現実として覚悟しなければならないのが、我々日本人の宿命だと思います。

中間自治体である都道府県がそうした諸々の取りまとめをする役割ですが、国と地域各エリア/有権者、とのつなぎの役割を果たすのも、"全国民の代表"たる我々国会議員の、もう一つの大きな役割である事も、これまた事実です。

様々な制約の下ではありますが、理想だけ語り現状変更出来ずに結果として滞るのではなく、一歩でも半歩でも理想に向けて真摯に前進する政治の歩みを、これからも決意と覚悟を持って続けて参りたいと存じます。

参院倫選特別委で賛成多数で可決、衆院での審議終局まで、気を引き締めて努力して参ります。

(委員会での採決時、起立賛成多数)

国会活動 | 2018年07月18日 12:49    

公選法改正案の倫選特委員会

平成30年7月9日

公選法改正案(参院選挙制度)の倫選特委員会質疑に臨みました。

党執行部から命を受け本法案発議者として答弁席にて。

一票の格差是正、全国知事会はじめ地方6団体からの要請決議、参院の多様性確保、そして行政監視機能の強化と、制度設計上なかなか両立が難しいけれど、責任政党として全ての要請に応える為に最後まで職責を果たします。

国会活動 | 2018年07月18日 12:45    

前のページへ |活動報告トップへ| 次のページへ

youtube facebook twitter ustream マニフェスト 松下政経塾 ブログ ユースケの志 ユースケを知る ユースケの歩み ユースケを語る 自由民主党
-->