参議院議員 中西祐介 公式ホームページ

事務所の地図はこちらです
  • 東京事務所 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館622号室
  • 03-6550-0622
  • 徳島事務所 〒770-8056 徳島県徳島市問屋町31
  • 088-655-8852

活動報告

2016年4月の活動報告

災害対策会議

平成28年4月24日

4月24日(金)9:30より、
災害対策会議にて安倍総理より麻生財務大臣に、
熊本地震に対する平成28年度補正予算の編成指示あり、
今国会中の速やかな成立を期す。

がれき処理等被災地の復旧作業を更に後押し住宅再建等、
現場のニーズに迅速に対応したものを目指す。

財務省主計局担当者と詰め作業をします。
国会活動 | 2016年04月26日 13:12    

平成28年度予算予備費

平成28年4月20日

政務官室にて、
熊本地震災害に対するまず喫緊の対策費として、
平成28年度予算予備費を拠出する事を署名しました。

現地現場主義で被災地のニーズに出来得る限り迅速にお応えして参ります。
http://www.iza.ne.jp/…/politics/news/160420/plt160420165000…

当然これにとどまらず、
必要な予算措置、復旧策については随時決定、
対応して参ります。

被災地ではないけれども、
地元徳島高知等からも災害対応について様々なご意見やアドバイスも頂いております。

例えばエコノミークラス症候群に対して、
隣県へ避難の受け入れを指示すべきや、
テントや車でなく屋内避難所へ誘導等。

一つひとつが傾聴に値する大切なお話でした。

ただやはり現場の住民の方々の心情は、
居住地の近くで、
さらに上部に落下物がない環境が一番落ち着く等、
現場の方々の心情的ニーズも多くあり、
被災地以外で映像等でしか得られない情報との乖離は少なからずあることも実際あると思いますので、
”現地現場主義”、
まずは実態把握、被災地現場のニーズをスムーズに実現して寄り添うと同時に、
地域の皆様の不安要素を最大限取り除き、
復旧に向けて取り組む今の対策本部の方針を徹底して進めて参りたいと存じます。

心ある皆様のご支援に、心から感謝致します。

今回の被災地以外の事前防災減災対応もさらに速度を上げて進めねばなりません。
国会活動 | 2016年04月22日 10:32    

新入庁の皆様より

平成28年4月1日

今日は4月1日。
我が社も、将来の官僚組織で中核的役割を担うであろう財務省平成二十八年度入庁の方々より、
青雲の志に満ちた熱意あるご挨拶がありました。

私からは、世界更には日本が置かれた環境は激変している。
常識を常識と思わず、日本国の発展の為に、共に尽くそう。
省益にとらわれず、国益に尽くす崇高な思いで頑張ろう、
と申し上げました。

今の全省庁の三役(大臣副大臣政務官)の中で最も私が歳が近い15歳差。

共に歩みを進める同世代の仲間が加わった事に心から歓迎したい。

国会活動 | 2016年04月18日 10:35    

参院災害対策特別委答弁

平成28年3月30日

参院災害対策特別委にて、
高野光二郎先生からもご質問のあった、
地震保険についてご答弁致しました。

災害への備えで、
その後の生活再建を含め極めて重要なご指摘です。

ちなみに南海トラフ災害予測高い徳島高知両県は、
クラスⅢ-③、
つまり地震保険のセグメント分けでは、
下から2番目の地震災害リスクが高いエリアに設定されています。

備えあれば憂いなし!

確定申告でも所得金額等から地震保険控除が効きますので、ぜひ皆さま加入ご検討くださいませ。

国会活動 | 2016年04月18日 10:33    

平成28年度予算案成立

平成28年3月30日

平成28年度予算案成立後、
財務政務三役で麻生太郎大臣記者会見に同行。

総額96兆7218億円。
新規国債発行額を例年水準より減額し財政再建を進めつつも、
経済成長を土台に地域それぞれに必要な事項に対応した。
今後、国内外での需要創出が大きなテーマとなるであろうが、
5月の伊勢志摩サミットも念頭に日本が主導して世界経済の牽引役になる自覚の下で課された課題を推進したい。

国会活動 | 2016年04月18日 10:32    
youtube facebook twitter ustream マニフェスト 松下政経塾 ブログ ユースケの志 ユースケを知る ユースケの歩み ユースケを語る 自由民主党
-->